毎日の生活で不可欠なもの|乳児湿疹について知っておこう|赤ちゃんを守る為に

乳児湿疹について知っておこう|赤ちゃんを守る為に

毎日の生活で不可欠なもの

ウォーター

様々な用途で使われる

お水は、毎日の生活の中でとても欠かせないものとなっています。食事や洗濯、お風呂など、色々な場面で使われています。これは生まれたばかりの赤ちゃんにとっても、水は非常に大事なものとなっています。ただし、生まれたばかりの赤ちゃんは、大人と比べて身体的に未熟な点が多々あります。そのため、お水の扱い方にもいくつか慎重にならなくてはならない点があります。まず1つに、水道水をそのまま飲ませないことです。そのままだと、塩素が多く含まれているため、赤ちゃんの内臓に負担がかかります。一度しっかりと沸騰させて、余計な塩素を抜くことが大切です。そのままの状態で飲んでも良いとされる時期は1歳手前頃が良いです。それまでは、多少面倒でもカルキ抜きを徹底するようにします

サービスの利用

塩素を抜くためのカルキ抜きは、赤ちゃんのミルクや食事を与えるごとに、その都度行わなくてはなりません。そこで、手前をできるだけ省くために、ある程度の量はまとめてカルキを抜いた水を使っておくと便利です。ただし、あまり時間が経ったものを使うと、いくら水でも質が低下してしまうので、作りすぎないことも大切です。もし、いつでもすぐに安心して使えるお水をストックしておきたい場合は、赤ちゃん専用のお水を買っておくと便利です。ベビー用品を扱うお店には、ペットボトルで赤ちゃんのためのお水が売っていることがあります。何本か自宅に用意しておけば、いざという時にすぐに使えます。またその他の方法としては、ウォーターサーバーを使うという方法もあります。その際は、使用するミネラルウォーターが赤ちゃんにも飲めるものかどうかを確かめておくと良いです。